ラクトのひみつ

ラクトフェリンは胃酸に弱いのです

ラクトフェリンはそのまま摂取しても、胃酸や消化酵素によって、腸に届く前に分解されてしまいます。

 

では、「ラクトのひみつ」とは・・・?

 

ライオンでは、独自コーティング技術により、ラクトフェリンをしっかり腸まで届けることに成功しました!

 

⇒ ライオンの『ラクトフェリン』をぜひ一度お試しください!

他社のコーティング技術は?

  商品名 コーティング 定期購入価格 容量
ファクトフェリン
1日摂取量
その他配合成分 詳細
ラクトフェリン ライオン
ラクトフェリン
独自コーティング技術 5,450円(税別)
送料無料
93粒31日分
1日3粒で300mg
なし 詳細
ラクトフェリン+乳酸菌 ホコニコ
ラクトフェリン+乳酸菌
耐酸性カプセル 4,500円(税別)
送料無料
60粒30日分
1日2粒で300mg
ビフィズス菌
フェカリス菌
天然オリゴ糖
詳細
食べるヨガラクトフェリン メニコン
食べるヨガラクトフェリン
特許コーティング 4,500円(税別)
送料無料
90粒30日分
1日3粒で300mg
亜麻リグナン25mg
イチョウ葉エキス75mg
葉酸0.4mg
詳細
濃純ラクトフェリン100 BELIVA
濃純ラクトフェリン100
腸溶コーティング加工 7,475円(税別)
送料無料
90粒30日分
1日3粒で300mg
ヒアルロン酸60mg
コラーゲン90mg
コンドロイチン60mg
詳細
※どの商品も問題なく、腸まで届きそうです。

腹筋運動もおすすめ

画像1

何度かダイエットにトライしているものの、おなかについた皮下脂肪を取り除くことができないままでいるという人がいます。

 

ちょっと運動をするとシェイプアップがてきた若いころと違い、年をとってからのダイエットは難しいものです。

 

いつの間にかついてしまったおなかの脂肪を取り除くには、果たして、どんなダイエットが役立つでしょう。

 

体へのダイエットもしながら、おなかの脂肪を取り除くためのラクトのひみつをしてみるといいでしょう。

 

腹筋などの筋トレで運動量を増やそうとする人は大勢いますが、特におなかをスリムにしたいという人は、腹筋だけでなく、腹斜筋の腹筋エクササイズが適しています。

 

腹筋と同様の運動をしつつ、体を起こす時にはできるだけ斜めの姿勢になるように心がけます。

 

大まかなところは腹筋とほぼ同じ運動になりますが、膝を立ててから、上半身にねじりの動きを加えながら体をゆっくりと起こしていきます。

 

次は右膝に左肘が触れるようにしながら、体を起こすようにします。

 

右、左、右、左と順番に上半身をひねり、両腹斜筋を強化します。

 

いつもの腹筋と比べて厳しい腹筋運動になってしまいますが、その分筋肉が強化され、体脂肪を燃焼しやすくなりますので、早くおなかを引き締めたいという人にお勧めです。

 

こんな体つきになりたいという理想型があるなら、ダイエットに取り組む時に、ボディメイキングにも挑戦するといいでしょう。

 

ラクトのひみつを使い、腹筋によって腹斜筋を強化することができれば、よりきれいなウエストラインになれます。

おなかの脂肪を解消

画像2

おなかの脂肪を解消するために効果的な方法は、原因によって異なります。

 

スリムなボディなのに、おなかばかりが飛び出しているという人は意外と多いようです。

 

おなかに皮下脂肪が蓄積される要因として、年齢を重ねて代謝が低くなっていたり、経産婦であることがあります。

 

おなか以外の部分はダイエットである程度減らせたのに、おなかは変わらないという方もいます。

 

おなかに蓄積されている皮下脂肪を取り除くためには、一体どういうやり方があるでしょう。

 

単に体重を減らすのみのダイエットではなくて、おなかの脂肪燃焼を促進することができるやり方を知ることが重要です。

 

おなかをすっきりとスリムになるためのダイエットには工夫が必要になります。

 

女性や年配者など、筋肉量が減っていると内臓を保持するための筋力が低下していますので、内臓が下がっておなかが膨らんでみえることがあります。

 

おなかを取り巻く筋肉を鍛えるには、日頃からの腹筋運動が有効です。

 

日々の生活サイクルの中で腹筋を組み込むようにしましょう。

 

もしも、腹筋が弱ったためにお腹が太く見えるなら筋トレが効果的ですが、メタボリックシンドロームと呼ばれる内臓脂肪のつきすぎが原因の場合、ラクトのひみつなどで脂肪を減らすことが先決です。

 

内臓脂肪を燃やすための有酸素運動や、ダイエット効果の高いラクトのひみつの使用も、おなかの引き締めに効果があります。

 

基礎代謝を高めるか、1日の消費カロリーを増やすことで内臓脂肪の燃焼を促進することが、メタボでおなかが大きい場合のダイエットとして有効です。

病気のリスクの低減を

画像3

最近おなかの脂肪がついてきたと気になっている方は多くいらっしゃるのではないでしょうか?

 

おなかは人体の真ん中にありますので、ついつい目線がそこにいきやすく、太っていれば気になります。

 

おなかの周囲は特に体脂肪が蓄積しやすいことから、普段から関心を持っていたほうがいい場所であるともいえるでしょう。

 

最近は、健康診断でメタボの疑いがあると言われ、ダイエットに取り組むように言われる人もいます。

 

メタボリックシンドロームが問題視されているのは、高血圧や、糖尿病、高コレステロール状態になる可能性が高く、放置していると命にかかわる動脈硬化リスクが高まるためです。

 

メタボリックシンドロームを放置していると、健康にいかによくないかは、雑誌やテレビで紹介されて、多くの人の知るところです。

 

おなかの脂肪は常にチェックして、ウェストのサイズには特に気をかけて、数値が増えた時にはダイエットを心がけるようにしましょう。

 

ウエストが細くなると外見に反映されやすいので、おなかまわりの内臓脂肪を減らすためのダイエットはやる気を高めやすく、ダイエットを続けやすいという利点があります。

 

内臓脂肪は、運動をすることでエネルギー源として燃えやすいという特性がありますので、ラクトのひみつのほかにも有酸素運動がおすすめです。

 

水泳やウォーキング、ジョギングなど、ある程度の時間続けられるものが適しています。

 

運動を習慣づけると共に、食事量も見直す必要があります。

 

食べ過ぎを節制し、甘いものやお酒などの嗜好品は摂りすぎないようにします。

 

ラクトのひみつの使用とともに、適切な食事をして、有酸素運動を続けることは、当初のうちは困難かもしれませんが、徐々にダイエット効果を体感できるようになります。

 

健康な身体をつくるためには、食事の見直しと運動の両立でダイエットを行って、おなかについた不要な内臓脂肪を取り除くことです。

 

病気のリスクの低減するためにも、ラクトのひみつで内臓脂肪を減らしていきましょう!